2017/04/20 Thu

誰だったか忘れてしまって引用できませんが、ある有名な日本画家が絵の極意は対象をひたすら見ることだ、と述べていました。
とにかくひたすら見よ、というのです。
ひたすら見ることで、対象がだんだん「見えてくる」というのです。
よく見えれば、よく描ける、と言っています。
これを少し言い換えますと、しっかりとした心象が形成できれば(表象できれば)、それはそのまま運動に変換できるということです。
人間の心はそういう仕掛けになっているのです。
山鳥 重「『わかる』とはどういうことか」第6章の5)

受験
なし

大学

1限 化学Ⅰ【3回目 主量子数ほか】
2限 有機化学Ⅰ【3回目 IUPAC命名法】
3限 薬品物理化学Ⅱ【3回目 表面張力】
4限 健康体力論Ⅱ【3回目 糖尿病と肥満】

その他
特になし

今日のツイート









にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログ 薬学生へ
にほんブログ村

広告を非表示にする